Tasker

【Android11】電源ボタン長押しでスクリーンショットを復活させる【Tasker】

Android 11へのアップデートに伴い
電源ボタン長押しからのスクリーンショットが廃止されました
スクリーンショット自体は「電源ボタン+音量ダウンボタンの長押し」で利用可能ですが
両手を使わないといけないので正直面倒です

しかし、Android 11にアップデートされた機能とTaskerを組み合わせる事で擬似的にですが、
Android 10でのスクリーンショットの使い勝手を復活させることができます

使用するTASKS

今回は1つのTASKを作ります

TASKS画面で新たなTASKSを作成

スクリーンショットという名前にしました

Back Buttonを選択

画面左下の戻るボタン(<)をタップしたのと同じ効果が得られるTASKです
Back Buttonを選択するだけで良いです

Waitを選択

指定した時間分TASKSを停止させるTASKです

MSはミリ秒のことです

画像のように350MSを設定します
このようにすることで、画面が戻るまでの時間を稼ぎます
僕のスマホ(Pixel3)で350ミリ秒がちょうど良いだけかもしれませんので、ここは各々調節してみてください

System Screenshotを選択

システム上のスクリーンショットを起動させるTASKです
これもただ選択するだけで大丈夫です

上記の設定をするとこのようになります

バック→350ミリ秒停止→スクリーンショット

TASKにアイコンをつける

機能に関係してはきませんが、せっかくなのでこのTASKにイメージをつけます

TASKを選んだ際の一番下中央のアイコンをタップします
ここには様々なアイコンがあり、好きなアイコンをTASKに割り当てることができます

何を選んでも良いです

シャッターっぽいアイコンを選んでみました
Matarialの下の方にあります

先程選んだアイコンが指定されています

実装する

今回プロファイルは必要ありません

Android 11に追加された機能として、電源ボタンを長押しすると「デバイス コントロール」という欄が実装されました
Google Homeに代表されるようなスマート家電をここに登録することで、気軽に操作することができるのだと思います

本来はスマート家電の操作を意図しているのだと思います

幸いなことに、Taskerで作成したTASKSも選択することができます

Taskerを選択すると、自分が作成したTASKSがずらりと並んででてきますので
先程作成したスクリーンショットを選択します
選択→右下の保存をタップ

これで、電源長押時にスクリーンショットのTASKを選択できるようになります

無事にスクリーンショットを撮るTASKが設定されました

後はスクリーンショットをしたい時にこのTASKをタップするだけでOKです

他のレシピを見たい方はコチラから

【世界が変わる】実用的なおすすめTaskerレシピ8選【おすすめ設定例】 スマホを自動化できると聞いて、とりあえずTaskerをインストールしたは良いものの いまいち有効な使い方が思いつかない人が作った...

もしもの時に備えませんか?

スマホにも保険があることをご存知ですか?
大手キャリアにも補償をつけることができますが

  • 必要のないオプションまでついてくる
  • 一月あたりの金額が高い
  • 契約したスマホにしか適用されない

といった欠点は否めません
また、格安スマホではその補償がそもそも無い場合もあります

そんな困ったを解決できるものがあります

それがこの

この保険、なんと

  • 月額700円
  • 年間最大10万円まで補償
  • 合計3台まで補償
  • スマホ、タブレット、ノートパソコン、ゲーム機までWifiにつながる機器全般が対象
  • WEBで全て完結

という、とてもありがたい特徴があります

必要最低限の値段で最大限の安心を取りませんか?